cally tan 

contact info

email: cally.yt.tan@gmail.com
instagram: soberfeelz

 the grass is greener on the other side
隣の芝生が青い

but its pretty green here too.
でも、こっちもう十分青い。』






about


I like to consider myself a maker, not an artist. But I also find myself lacking the proper language to convey this principle, hence I still continue to use the term, artist, for formalities. I like making things on impulse and sheer curiosity. I also have a tendecy to analyse human relationships and reflect on the ones that I have formed on my own. As such, my creations often revolve around the theme of relationships and the 'individual' and how we position ourselves in the bigger sphere called "society". 

In the last 3-4 years, I have been exploring how textiles/ fibres, being an omnipresent material in our lives, can convey messages in a non-intimidating way that is relevant to everyone. Aside from that, I enjoy processing my personal thoughts through making. Although I have a deep interest in textiles and fibres, my medium of choice is not limited to my specialisation. On the side lines, I like to dabble in other techniques and materials that are complementary to my ideas.

Currently based in Tokyo, Japan studying Textile Design in Tama Arts University.





私にとって、「アート」という言葉など要りません。なぜかというと、「アート」 という言葉を使うと、まるで日常生活には関係ないものの様で、一般の人と距離が ありそうに感じてしまうからです。私はアーティストではなく、ただのクリエーター として見られたいです。私のテーマはアートと日常生活の関係です。テーマを有効に 表現するために、日常生活でよく見る材料で作品を作っています。例えばテキスタイ ルやスペースなどです。高校時代に、ある先生の影響で、アートだけではなく人類学 の視点から作品のコンセプトを考え始めました。

クリエーターとして私は観客と作品がお互いに対話できるように作品を作っています。 ですから、作品を見た観客が作品に共感できることがとても大切で、私が作った作 品はユーモアや皮肉が含められています。このようにすると、観客は作品にもっと近 づきやすく感じると思います。

現在、私は多摩美術大学でテキスタイルデザインを学んでいます。


















Mark